いくら云っても無いものは無い、常識、見識

人生相談 親子 家族
【相談者】43歳男性 妻40歳 長女18歳 次女16歳(二人妻の連れ子) 2歳(実子)

長女が15歳の時に妊娠、中学卒業後、高校へ行かず出産した。
その後暫く家で面倒を見たので、その際必要となったおむつ代など、
およそ25万、全て明細を作って相手方に請求した。
しかし相手方の親は、最初の出産費用40万少々は払ってくれたものの、
DNA鑑定で本当の子供と判るまでは払わないと言う。
実は相手の男性は43歳で、私と同年。
少々マザコン的なところがあり、離婚歴が二度ある。
多分出会い系で知り合ったのだと思うが、
長女が出産後、親に内緒で勝手に籍を入れてしまった。
その後長女が家出をし、相手方の家にも居ないと言うので、
警察に捜索願を出して捜してもらった所、先方の家に居ることが発覚。
私は怒って、警察署で相手を怒鳴り散らしてしまった。
その後先方の親が、私の顔も見たくないなどと言い出し、
当初は払うと言っていたお金も、DNA鑑定の結果次第と云う。
子供の生活にかかったお金を、どうしたら払ってもらえるだろう。

弁護士 高中正彦先生の言葉

今日のご相談は、あくまで出産後の養育費の支払いについてですね?
ハイ、解りました。
籍を入れたという事は、子供を認知したということではないんですか?
それにも関わらず、あなたが怒鳴り込んだりするので、
警察を呼ばれたり、払うと言ったものも払わないと言い出したり。
DNA鑑定をやれと言うなら、やってギャフンと云わせてやれば良い。
私も似た案件を経験したが、初めからDNA鑑定で勝負ありだった。
口の中の粘膜から細胞を採取するだけで、痛くも痒くも無い。
15歳で出産した貴方のお孫さんを、疑うということは、
何処かよその男の子供を孕んだと、疑われているわけだから、
「そんなふしだらは娘ではない」と、貴方は怒っているのでしょう?
違うの? そうでしょ?
だったら鑑定すればいいじゃん、簡単なことだよ。

パーソナリティ 加藤諦三先生の言葉

カッカする人は心が何処か不安です

アウトコース低めの暴投、打者唖然、捕手呆然

筆者が思うに
新たに加わったチームメイトのエラーは、誰の責任か?
社会のルールはどうなってるのか? 今後そのチームメイトとの付き合い方は?
という相談かと思いきや、「その際の失点は誰が払うの?」という相談だった。
まず初めに、この草野球を理解するには、この相談者と長女の関係が大事。
相談者曰く、「連れ子」とは、「オレの女が連れて来た子」であって、
だから十数年間、面倒も見て来たのであって、そこに「親子の絆」は存在しない。
従って初手から、「サインプレー」などは無理なのである。
新規加入の43歳男性は、中学生を身籠らせていながら、責任ある態度を示さず、
事もあろうに、母親という代理人任せで、責任あるプレーが期待出来ない。
通常このような選手の加入は、認めないのが普通であるが、
監督不在のこの草野球チームは、選手同士で勝手に契約してしまうらしい。
プレーボール早々、内輪揉めで乱闘寸前、警察もいい迷惑だったに違いない。
その揉め事を解決すべく、エースピッチャーが初の対外試合に臨んだが、
とんでもないワイルドピッチ。
しかしこの相談者は、暴投を暴投と思っていないらしく、
なかなか捕ってくれない加藤諦三捕手にイライラ。
打席の弁護士、高中選手も、本来のバッティングが出来ずに四死球。
結局なんら貴重なアドバイスも得られぬまま、試合終了。
さあ、ふて腐れずに、泥でも叩いて・・・、もう帰んなさい。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする