無料という罠に吸い寄せられる カネ持ち父ちゃん

人生相談 人生の諸問題
【相談者】47歳男性(会社員 独身) 両親と3人暮らし

携帯のネットサーフィンで、怪しいサイトに行った際、
迂闊にも「年齢認証」を押したら、会員登録されてしまった。
その後、3日以内に¥99,500の支払いを求める表示が出た。
払わないと、規約に従い¥320,000支払わなければならないとある。
怖くなってすぐ閉じてしまったが、気懸りなので再度確認したところ、
最下部までスクロールした所に、その旨の注意書きがあった。
「解除手続き」を行おうとしたが、
「未入金では解除出来ない」と表示される。
こちらが確認せずに操作したのが悪いので、
やはりこれは支払わなければならないのだろうか?
法律にも疎いので、教えて欲しい。

弁護士 大迫恵美子先生の言葉

「年齢認証」の前に、なにか情報を入力したのでなければ、
相手はまだあなたの事を知らないはずだ。
サイトに様々な罠を仕掛けて本気にさせる。
所謂「架空請求」というヤツじゃないでしょうか?
放っとけばもう連絡も来ないし、画面表示だけの事だと思います。
また最近は手が込んだものが増えていて、
見かけ上全く無関係な別のサイトで、個人情報を入力させた上で、
そのようなサイトに誘導し、裏で情報を握っている。
この場合は、本当に郵便が届いたりもする。
最悪のケースでは、簡易裁判所から訴状が届いた事案を経験した。
もし、こんなことになったら、すぐに地元の弁護士に相談して下さい。
多分大丈夫だろうとは思いますが、あまりしつこいようなら、
「消費生活センター」に相談してみるのも良いでしょう。
法律的には「錯誤の主張」で済む話だ。
即ち「勘違いをして契約に及んでしまった」ということ。
特に「電子的契約」については、例え「重大な過失」があったとしても、
契約を取り消せると、民法に規定されていますから、
そんなことも覚えておいて下さい。

パーソナリティ 今井通子さんの言葉

随分気弱そうに思えますが、大丈夫?
もう幾らか払っちゃったなんてことはないですね。
少しでも払ってしまうと、カモにされますよ。
今日はテレフォン人生相談に電話して下さって、正解でしたね。
大迫先生のアドバイスは、全部理解できましたか?

払う気になったなら、その分被災地に支援でも

筆者が思うに
なんという気の弱そうな男性なんだろう、が第一印象。
話をよく聞いてみて、これは気の強い弱いの問題ではなく、
所謂「デジタルデバイド」という問題なのか? が第二印象。
こういうサイトは、初めからそのように設計され、デザインされている。
一番下までスクロールする前に、必ず足を引っかける様に作られている。
「こう云えば必ずビビる」という文言も心得ている。
それら全てに、もののみごとに躓いている。
こういう人は、役所や有名企業を騙ったニセサイトにも大変弱い。
そこで、大迫先生が指摘するような「個人情報」をまんまと与えてしまう。
また、「錯誤の主張」はともかく、「消費生活センター」のところで、
「そんなのメモるなよ、オイ」、と思ったリスナーも多いと思う。
失礼乍ら「世間知らず」というのが第三印象。
ムツカシイことはさておいて、
「身に覚えのない請求には、支払い義務などない」が基本です。
「確認しなかったボクが悪い」のではなく、
例え「規約」に何と書いてあろうと、「18歳以上」を選択しただけで、
なんで9万ナンボも払わなければならないのか!?
そんなアホな請求など、世間で通用しない。 と心得るだけで良い。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする