女房の器の中で、遊び呆ける幸せな男

人生相談 浮気 離婚
【相談者】33歳女性 夫34歳 長男12歳 次男10か月(結婚12年)

数年前から夫がホテルなどで、デリヘルを利用するようになった。
今後の対処の仕方について相談したい。
夫が就寝中に、携帯アプリに変な着信があったので、
不審に思い、メールや履歴等を調べたことで、判ってしまった。
数週間前のことで、まだ夫には話していない。
結婚以来、夫には浮気らしい浮気は無く、気配がしてもすぐに切れていた。
急に冷たくなったりなどということもなく、全く気付かなかった。
長男の出産以来子供は偶然出来なかったものの、
夜の生活は旺盛な方で、夫の方から週に最低1度はあった。
それが、ここのところ夜の外出が頻繁になって、
「友人と飲みに行く」などと言ってはいるが、不自然にに予定が変わったり、
気にはなっていたが、発信履歴から「お店」の電話番号と分った。
風俗は止めて欲しいのだが、どうしたら良いものか?

エッセイスト マドモアゼル・愛先生の言葉

デリヘルというのは一回当たりいくら位かかるのかしら?
一回2万として、週2回だと一月16万という話になる。
これは何れ破綻するだろうが、話の持って行き方に注意が必要だ。
奥さんの女としての感情は理解できるが、
御主人を不潔呼ばわりで責めると、決して良い結果にならないように思う。
それより、下の子供が生まれたことによる長期的な資金計画が必要だ。
生活費を渡しただけで、後は夫の自由という家計の在り方にメスを入れる。
将来のために、もっと預金が必要だという切り口から責めて行く。
そして、切り札として「私知ってるよ」と云ってやれば良い。
「愛すべき馬鹿さ加減」と云ってはあんまりだが、
その馬鹿さ加減をも包み込んで、家族を守る母親になり切れば、
これは完全にあなたの勝利という図式になるだろう。
勝った、負けたの話ではないかも知れないが、
置き換えて考えた方が、解り易いし頑張りやすいと思う。

パーソナリティ ドリアン助川さんの言葉

人生というのは、色んな局面で色んな風景に出会う。
順調に進んでゆくばかりではないのが人生だ。
昨日までの良い風景が、突然曇り空に変わることもある。
なるべく大きく構えて、お互いの欠点も飲み込むような、
大きな構えで、御主人と接したら良いと思います。

男は充分遊んでから所帯を持て

筆者が思うに
34歳と云えば、まだ「遊びたい盛り」が終わっていないのかも。
40歳過ぎて、こんなことだったら文句なしに「離婚」の二文字だ。
遊ぶカネが欲しいのも良く解る。
無理の効く年齢でもあり、幾らでも稼げそうな錯覚にさえ陥る。
そこを諫めて、「歳喰ったらそうはゆかぬぞ」と締めるのが賢妻。
そこで、「賢妻になりなさい」のアドバイス。
しかし、33歳と云えばまだ「女」である。
「女を辞めて妻となれ」というが、それはそれで酷な話に聞こえる。
少なくとも週に一度は、という絶倫夫の相手を務めて12年。
単純計算で、総計600回~700回は務めたであろう夜の営み。
それでも足らずに、風俗とは・・・。
独身時代に充分満たしていなかったのか?
22歳で妻を娶るには、早過ぎたと結論するのが妥当と思われる。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする