感性に気付かせるため、敢えて感性を捨てた息子

人生相談 子育て 教育
【相談者】44歳女性 夫46歳 息子17歳

息子について、2年半くらい前から成績が落ち、
日常生活面もだらしなく、今まで出来ていたことが出来なくなった。
中学時代は部活に取り組んで、真面目にやっていた。
高校になって軟式野球をやっているが、サークル的なもので体育会系ではない。
最近は朝自分で起きられず、私が壁をドンドン叩いて起こしている。
何事も面倒臭いと言い、お風呂に入っても体も洗わずに出て来る始末。
学校から帰って来る時間が遅く、酷い時は日付が変わっている時間。
一時何か憔悴しきっているように見えたことがあり、
本当に大丈夫だろうかと思った事があるので、薬物等やってないか、
確かめたが、それは無い様だ。
一度思春期外来を受診しようと思い、息子もその気になっていたが、
タイミングが合わず結局悪い循環にハマってしまっている。
息子をどうやって見守ったら良いだろうか?

幼児教育研究 大原敬子先生の言葉

「この息子は何を言ってもいう事を聞かない、イライラする」、
ということではありませんか?
だとしたら、あなたはただ口うるさいだけの母親です。
子供の頃に、御両親とのコミュニケーションが無かったのではありませんか?
御主人にも甘えられないのではありませんか?
だとしたら、これは貴方の問題であって、息子さんは良い子ですよ。
口先で子育てをして、思い通りにならないからイライラする。
お風呂に入ったら、「髪洗った?」じゃなくて、「さっぱり男前になったわね」。
12時に帰って来たら、「何やってたの?」じゃなくて、
玄関前で待っていてあげて下さい、「お母さん心配で眠れないよ」と。
朝に壁ドンドンは止めましょう、起こしに行ってあげて下さいな。
楽して子育てなど出来ません。
病院に行くのも、お母さんがそれで子育てをしたという気持ちになるためですね。
御主人に対する依存心を息子さんにすり替えて、要求という形になる。
イライラは息子さんでは無く、貴方自身が作り出したもの。
一番大切な人を、貴方は駄目にしてしまっている。

パーソナリティ 今井通子さんの言葉

息子さんがだらしなくなったのは、誰のせいだと思いますか?
御主人・・・? 良い所に逃げましたね。(笑)
人対人の関係で言えば、貴方のせいです。
息子さんは今、部活はあるわ、母親から逃げなきゃならんわで、
もうクタクタなんでしょう。
一応部活での隠れた怪我が無いかどうか、一度診察はした方が良さそうです。
体に外傷性の問題が無いと判ったら、いよいよ貴方のせいです。
御主人に甘えて下さい、それが出来ないなら精神的に自立して下さい。
しっかりね。

「だらしなさ」という非言語メッセージ

筆者が思うに
何を言っても言う事を聞かぬ息子、に対して、
言葉は通じても、心のヒダが通じぬ母親。
この膠着状態がもたらした、非言語的コミュニケーション。
それがこの問題の本質ではないかと思う。
「子供が言う事を聞かなくて」と云って嘆く親は大分少なくなった様だが、
まだ一部にはこうした勘違いから、完全に脱却しきれない親御さんが居る。
「子供が言う事を聞かない? 当ったり前でしょうが、そんなの」、
という「金八先生」のセリフを思い出せば、気が付きやすいかも知れない。
言語的メッセージの呪縛から、子供を開放してやらねばならない。
これも「金八先生」流のセリフに置き換えれば、
「アンタ、息子と一緒に金隠し跨ぐんですか?」となる。
異なる人格と人格が尊重し合うという、当たり前な事がこんなにも難しい。
それにしても、17歳の高校生に向かって「坊やちゃん」とは、
大原先生も随分なお方だ。
やはりここは「金八先生」の再登場が望まれるところか?
「金八先生」の言葉は、心のヒダが伝わりやすい。
でも「水戸黄門」じゃあ無理か、やっぱり・・・。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする