モチベーション無き就活が、詐欺という職業を生む

【相談者】47歳男性 独身 父81歳 母80歳 兄52歳 独身 4人で同居

22年間務めた会社を訳あって退職した。
それからもう8か月が経つが、新しい仕事が見付からない。
これまでして来た仕事に関連した内容ならば、自信があるので応募するも、
ことごとく落とされてしまう。
もう何十社も面接を受けたが、全く相手にして貰えない。
これまでの経験は製造業で、機械を動かす資格も有り、
それらを活かせる求人に応募して来たが、採用されない。
全く未経験の仕事で、何度か試用期間を経験したが、
未経験に加えて、ハードな内容でもあり、求人広告との相違が大きく、
断念せざるを得なかった。
今後どういう考え方で求職活動をすれば良いか、
精神的に今参ってしまっているので相談したい。

精神科医 高橋龍太郎先生の言葉

高橋龍太郎先生履歴書に穴を開けないためには、アルバイトでも何でも良いから、
仕事をし続けるという意思を、行動で示さなければならない。
或いは、職業訓練校などで技術を身に着けると採用されやすいと聞くが、
ハローワークとその辺について相談はしているだろうか?
どんな訓練が自分に合っているかという発想では無くて、
もう一年近くが経っているのだから、より確実なステップを踏むべきだ。
そもそも就職とは、社会の穴に自分を当てはめて行くことだ。
貴方の都合に合わせて、社会の穴が開いているわけでは無いのだから、
相手の都合に、自分を合わせてゆくと言う姿勢が欠かせない。
「自己実現」という言葉に憧れて、自己実現した人など居ない。
過去の経験に頼るのは、その意味で間違いだ。

パーソナリティ 今井通子さんの言葉

今井通子さん

フラれてしまった彼女を、いつまでも考え続けていると、
一生次の彼女は出来ません。
これまで居た会社は、「あれは夢だった」と思って、
次に進んで行って下さい、頑張って!

楽な仕事? なら政治家になりなさい

筆者が思うに
どこにでもありそうな話であるが、深刻な話でもある。
「経験を活かす」と言えば聞こえは良いが、なら辞める前に準備くらい・・・。
そもそも何故辞めるのか?
自分にとって、コレが問題だから、ここにいると解決できないから。
幾つもの自問自答を繰り返し、シナリオを作ったつもりではあっても、
いざ辞めてしまうと、想像だにしなかった現実の壁に突き当たる。
その壁に跳ね返される格好で、非正規雇用がどんどん増えて行く。
非正規は一時凌ぎ、時間の切り売りで人生を切り拓くのは難しい。
それが一時期言われた「ワーキングプア」の正体である。
就活に正解は無く、楽な仕事は存在しない。
血のしょん便が出るような苦労の先にしか、正解は無いのであって、
自分の足で、そこに辿り着かねばならない。
それにしても、補助金頼みの労働政策に、アテにならないハロワの求人。
派遣会社による、おとり広告の「美味しい案件」など、
労働市場が詐欺まがいに荒れてしまっているのは、国家の失策だ。
中国に奪われた仕事を、取り返して来い!、と言ってやりたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする