制度の精度を上げてくれ、ニッポン

【相談者】65歳女性(夫は他界) 娘40歳 息子36歳

所有するマンションで3人暮らしだが、お金が無くなってしまった。
娘は身体障碍者、息子はアルバイト生活だったが現在失業中。
これまで私の年金で生活していたが、もうマンションを売ろうと思う。
アパートに移るには、働いていないと駄目らしいと聞いた。
特に不動産業者などに相談したわけでは無い。
以前友人から生活費の30万を用立てて貰ったが、
もう返して欲しいと言われている。
娘は入退院を繰り返し、息子は家でブラブラしているだけ。
どうしたら良いだろうか?
住宅ローン 2万8千円/月 残り4年

弁護士 大迫恵美子先生の言葉

大迫恵美子先生

大変ですねえ、家のローンもあるのですか?
貯えを切り崩して来たが、もう無くなってしまったということですね。
お話を聞く限りでは、マンションもそう高く売れそうにありませんね。
娘さんはそれほど重度の障害でなくとも、働けないということですね。
民間のアパートというのは、家主さんの意向で貸す人を選んでいる。
契約期間を守り、かつ家賃は滞りなく納めて貰い、
返す時にはキチンと綺麗な状態で返して欲しい、と考えている。
従って、定期的な収入の無い人にはあまり貸したがらない傾向です。
ということは、かなり厳しい状況と拝察します。
福祉の方に相談された方が良いのではないでしょうか?
一般に持ち家があると、生活保護は受けられないと言われていますが、
あまり合理的な規定でなないということで、
自治体によってはこれを見直す傾向があり、
現に東京では、持ち家があっても支給されるケースが出て来ています。
今後住宅ローンの支払いを超える収入があるという保証も無く、
マンションもすぐに売れるとは限らない。
この辺の事情を、根気よく福祉に訴えるしかありません。
自治体は限られた財政の下で、福祉サービスを行う事情から、
最も必要としているところを選定しようとします。
必要度の判断は、基本的に「熱心に訴えかけて来る人」ということになります。
一度断ったらもう来なくなる人は、本当に必要としていない、という判断です。
それから借金ですが、生活保護での返済は認められていません。
ですから、場合によっては破産手続きが必要になるかも知れません。
ご友人の借金を踏み倒すのは心苦しいかも知れませんが、
税金に頼る以上は致し方無く、役所と相談しながら行動した方が良い。
もう行動を開始しないと、家族3人御飯も食べられなくなってしまいます。

パーソナリティ 加藤諦三先生の言葉

加藤諦三先生

役所に行くのが嫌なのですか?
嫌でないなら、もう一度相談に行ってみましょう。
それからもうひとつ、息子さんにも動いて貰うよう、頼めませんかねえ?
たまたま今、失業しているだけなんでしょう?
だったら、一緒に役所に来て貰うとか、言ってみてはどうかと思います。
知恵は貴方が出して、行動は息子さんに頼んでみるなど、
貴方独りで背負い込まない事が大切です。

それぞれの役割を果たすこと

加計や森友にうつつを抜かすな!

筆者が思うに
バブル崩壊以降、この国の生活者は見下されてばかりであった。
個々を見れば、働かない息子が悪い、借金をするから悪い、などと、
難癖の付けようはいくらでもあるが、
国全体を視なければ、こういう事態が何故起こるかの理解は出来ない。
終身雇用の考え方が失せたのは、もうかれこれ小泉政権時代の事。
国家と国民を支えていた筈の、重要な思想とシステムが根本から崩れたのに、
政治主導で、国を挙げて「リストラ」の正当化が図られた。
その結果、大企業のプロパー社員は激減し、
雨後のタケノコの如き派遣会社によって、生活者の収入構造は不安定化。
本来、地域雇用の受け皿であった中小企業は、軒並みブラック化。
あの時、小泉改革を後押ししていた経済学者は、今責任を感じているのか?
グローバリズムで世界を眺めるのは、資本家の役割で良かった。
政治は国内の国民を見ているべきだった。
安全保障や憲法改正も、現在重要なタイミングに来ていると感じる。
しかし、積み残した課題があまりに多すぎるのも事実である。
経済問題は国の「必修科目」、誰が政権を担おうと最重要課題に違いない。
そこで日々の国会審議は何をやっているか?
また民進党による「政局闘争」の茶番劇か・・・?
「馬鹿者!」と、云ってやりましょう。



こちらにも関連記事があります

忍び寄る「ワーキング・プア」の影
「好きなこと」が見付かったら勝ち 【相談者】31歳女性(独り暮らし) 父61歳 母56歳 弟29歳
スポンサーリンク

シェアする

フォローする