早く気が付かないと、とんでもないことに

人生相談 親子 家族
【相談者】57才女性 夫58才 息子3人(32才31才30才)

夫は6年前からボーナスが出ていたのに、
私に隠していたのが、1週間前にわかった。
夫は「バレないと思った」と云って謝るが
私は納得がゆかず毎日夫を責めているものの、
互いに本気で離婚するという話にはならない。
自分はどちらかというとケチなほうで、
パートのお金も預金に回している。
夫は手許のお金を全部使ってしまうタイプ。
この先何十年も、仲良く夫婦としてやっていくには、
どうしたらいいだろう?

作家・翻訳家・英才教育学習塾講師 三石由起子先生の言葉

色々勘違いがあるようだ。
まず、夫が稼いだお金で毎日生活出来ているなら、
それで夫は立派に扶養義務を果たしている。
自分はパートのお金を全額預金に回して、
家計のために消費することもない。
そのくせ夫のボーナスだけは、家計に入れないと不満。
これはおかしい。
全ては衣食住を満足した上での話じゃないか。
離婚など出来る筈もなく、して良いことなど何もない。
ここは謝ってしまうか、それができなければ、
もうその話には一切触れずに、黙っているのが一番。

パーソナリティ 今井通子さんの言葉

もし夫がボーナスを持ってきたら、
その半分は、「ハイどうそ」と言って渡しなさい。
だって、夫が稼いだお金だもの。
全部あげたっていいくらいですよ。
自分がパートで稼いだお金は全部自分のもので、
夫のお金も自分のもの? そんなバカな。
もっと相手を思いやる気持ちを持って下さい。

自分はどれだけ身を削ったのか

筆者が思うに
男が安心して外へ出て働けるのも、内助の功あっての事。
これは男の側から見た女房に対する思いやり。
その逆が皆無だとすると、やっぱり不公平か。
しかし、3人の子供を育てるというのも重労働に違いない。
いくら頑張って育てても、時給をもらえる訳じゃなし。
育て上げて、やれやれとなったら、今度は自分のために生きる。
そんな理想が実現できる社会かどうかも問題だ。
女性に限らず、中高年が活躍できる世の中と言えるのか?
一億総ナントカと言ってはいるが、
果たしてこの国の首相は、それを解った上で言っているのか?


【人生相談】「お金に汚い」とは、どういう・・


スポンサーリンク

シェアする

フォローする