淋しい時が、騙される時

【相談者】73歳男性(年金暮らし) 妻は他界 子供無し

老いらくの恋について。
5か月前に出会った59歳の女性に対する感情を、
上手く表現できずに、詐欺ではないけれどお金を少し取られてしまった。
趣味がキャンピングカーで、生前妻と一緒によく走り回っていた。
5年前に妻がくも膜下出血で倒れ、他界したときは、
心にぽっかりと穴が空いてしまい、立ち上がるのに3年かかった。
そんな時、インターネットを通じて女性と知り合った。
携帯でメールをやりとりするようになり、休日はデートもした。
とにかく淋しかったので、夢中になって交際していた。
ある時、彼女から「車が古いので買って欲しい」とせがまれた。
私は彼女の車の下取り後の予算に、181万円を拠出した。
ところが、車が納車されるやいなや、急に彼女の態度が冷たくなった。
彼女が自分から別れを切り出せば、私が「車を返せ」と云うと感じたか、
私から別れ話を切り出させるように、あからさまに仕向けて来た。
出したお金について、今更水掛け論に巻き込まれるのはミエミエで、
お金についてはもう諦めている。
ただ騙されたのではないかという悔しさで、眠れない。
どうか、アドバイスして欲しい。

弁護士 高中正彦先生の言葉

高中正彦先生

貴方もうすうす解っているだろうけど、難しいねこれは・・・。
「車を買うから、お金を貸して」じゃなくて、
始めっから「お金をちょうだい」だったわけですよね。
お金を出す代わりに、何かをして欲しいとか、例えば結婚とか。
そういう条件付きで拠出したわけでは無く、
始めから貴方、あげちゃうつもりだったのでしょ?
今にして思えば、こんな奴に車どころか、メシも食わすんじゃなかったと、
そんな風に感じて居られるのだろうと思いますが、
しかしコレ、やっぱり詐欺とするのは難しい事案ですねえ。
もし詐欺ならば、騙して取ったお金を返せ、と言えますが。
あげるつもりだったお金を、今更返せとは法律的にはねえ・・・。
つまり、車を買ってあげたのは、今後もお付き合いをという意味合いで、
まあその助平根性が、随分高くついてしまいました。
しかし貴方、別の見地から見れば「たいしたもの」ではないですか?
70歳過ぎて、恋が出来る人などそういませんよ。
女房に先立たれてガックリ、後は老い行くのみの人だっている。
それに引き換え貴方は、インターネットまで駆使して行動出来る。
それはそれで、素晴らしい老後の生き方ではありませんか?

パーソナリティ 加藤諦三先生の言葉

加藤諦三先生

いいですか?
貴方73歳で、新しい誕生日を迎えたのです。
これから、新たな人生の始まりです。
どうぞ幸せになって下さい。

幸せになるのに、遅すぎることはありません

老いらくの恋か、それとも只の助平根性か

筆者が思うに
「出会い系」ですね、多分・・・。
73歳にして、ネットを使いこなしているのは立派なことだ。
何事も臆せず、前向きにチャレンジして来た人生の姿が想像に難くない。
しかし、上には上がいるものだ。
59歳のその女がソレである。
コイツは、インターネットで金が稼げるノウハウを何処からか仕入れた。
どうせロクでもない「情報商材」というやつだと思うが、
数万円の代金を払って入手した割には、クソの役にも立たぬ。
アタマに来て、出会い系で稼ぐノウハウを自力で開拓したのか?
「そうか、寂しい時の男こそ、カネの成る木だ」、と気付いたのだろう。
子供も居らず、ババアも居らず、恰好の「餌」にされてしまった。
インターネットで「金儲け」と、「色ごと」は慎むべし。
73歳にして、この鉄則を体現したことは意義深い。
少々高い授業料を払わされたが、それが「淋しき男」の弱み。
明日からはもうベテランのネットサーファーだ。
自宅で「パソコン・スマホ教室」でも開いたらどうだろう?
また新たな出会いがあるかも知れない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする