心に境界線が引けないなら、2世帯住宅は無理

人生相談 親子 家族
【相談者】59才女性 夫61才 一人娘34才 婿32才 6年前結婚

2年前から2世帯住宅で娘夫婦と共に住むようになった。
娘は掃除もしないし、食事もいい加減なので、注意したところ、
婿が「話があるなら自分を通すように」と言ってきた。
始めは黙って私が掃除をし、炊事もして来たが、
我慢しきれず、娘夫婦にお説教をした。
以来娘夫婦と断絶状態で半年、娘夫婦はオンライン・ゲーム漬け。
このまま放置しておいて良いものか。

作家・翻訳家・英才教育学習塾講師 三石由起子先生の言葉

随分酷いことをしたもんですね。
娘夫婦に対するプライバシーの侵害も甚だしい。
娘はもうよその男の妻なのであって、もうアンタの娘ではない。
例えゴミに埋もれて暮していようと、夫婦が円満ならばそれで良い。
まして、ゲーム漬けを批判するあなたは、一体何処の何者か?
「大きなお世話」ということが自覚できないなら、
いずれこの夫婦は、2世帯住宅を出てゆくだろう。
反省するなら、今のうちに本気で反省しなさい。
社会的に独立した夫婦に対する不当な介入、おせっかい。
そして婿さんをコバカにしたその態度。
関係修復したいなら、わび状をしたためて持参せよ!
それもチャンスは一度きりで、二度目は無いと思いなさい。

微笑ましい夢を見過ぎてしまった

筆者が思うに
「幸福な2世帯住宅での暮らし」は幻想に過ぎなかったのか。
いや、「何が幸せか」を心得た人ならいざ知らず。
という教訓ではないだろうか。
実家の母親から至近距離での「おせっかい攻撃」を受ける毎日。
そうと始めに分かっていれば、狭いアパートのほうが良かった。
ゲームが好きで、休日はゲーム漬けのマスオさん。
そのマスオさんの何処が悪い?
サザエさんは幸せな夫婦生活をしているというのに。
この夫婦、親子の関係がこれ以上悪くならないように祈ろう。
それにしても、この母親の相談を聞いている最中から、
早くも三石先生の機銃掃射が予感出来たのは、私だけではないと思う。


【人生相談】善意か、親心か、大きなお世話か




こちらにも関連記事があります

サザエさん一家を夢見る、途方もない自分勝手
孫がいなけりゃ、とっくにサヨナラ 【相談者】50才女性 夫60才 長女32才 長男25才 次女20才
甲斐性なしであることがバレバレ
同じ苦労なら、甲斐ある苦労を 【相談者】37才バツイチ男性 息子33歳 両親と2世帯住宅に居住
スポンサーリンク

シェアする

フォローする