病的な母のお腹に、授かった命

【相談者】40歳男性 妻39歳(妊娠中) 子供7歳

妻と離婚するか、否かについて。
自分は単身赴任中だが、半年ほど前に一時帰宅したところ、
布団の中から、コンドームの空袋を発見した。
妻を問い質したところ、妻は浮気の事実を認めた。
相手は務めている会社の同僚で、26歳の男性であるという。
現在妻は妊娠中であるが、妻の言によれば、お腹の子は私の子であるという。
2ヶ月前に一時帰宅した際も、帰宅が早かった割には布団を出し放しであったため、
私は不審に思い、ゴミ箱などをあさっていたら、やはり使用済の避妊具が発見された。
私は大変ショックを受けたが、このままではいけないと思い話し合った。
妻は既に私とは離婚する意向を固めており、
私の子供など、初めから欲しくはなかったなどと云っている。
思えば結婚以来、子供を作る目的以外でのセックスは無く、
夜私が触ろうとすると、嫌がって拒否されてばかりであった。
7歳の子供のこともあり、どうしたら良いか分からなくなっている。

エッセイスト マドモアゼル・愛先生の言葉

マドモアゼル・愛先生

これは所謂、普通の浮気じゃないね。
貴方も感じていると思うが、バレ方がおかしいよね。
貴方や子供の事を、大事に思っている人のすることじゃない。
バレた時に、「しまった」という感じが薄いんじゃないの?
だって、半年前にもうバレてしまっているのに、
また2ヶ月前にもう一度、それも同じような発覚のしかたでは、
何かまるで「発覚することを期待している」ような印象さえ抱かせる。
何れにせよ、これは普通の男女が辿る物語では無く、
病的なカップルのなれの果て的なものであり、別れるしかないんじゃない。
勿論、7歳の子は何としても守ってあげなければいけないが。
その意味でも、そろそろ貴方腹を括った方が良さそうだね。
この先は加藤先生にお願いしましょう。

パーソナリティ 加藤諦三先生の言葉

愛先生の仰る通り、かなり病的ですね。
この奥さん、自分自身に絶望しているのではありませんか?
子供の頃から、親に無価値な扱いを受けて来て、
それで、自分自身に絶望してしまい、またその事実から眼を背けている。
内的要求が満たされぬままで、上辺だけの幸せにしがみついた。
奥さんにとって大切なのは、御主人である貴方ではありません。
かといって、浮気相手という訳でもない。
「結婚している」という事実が、この奥さんにとって唯一尊いのです。
貴方との結婚生活に意義を見出しているのではなく、
「結婚生活をしている」ということが、唯一女の幸福であるという感じ方。
何れにしても「自分に絶望している」という現実と直面するなら、
そこから、新たな人生を出発させることも可能ですが、
現実から目を背けると、永久に解決はありません。
大事なのは7歳の子です、覚悟を持って守ってあげて下さい。

洒落にもメッセージにもならない不倫

筆者が思うに
この女叩き出してやる! という怒りすら感じられない男性の相談。
呆れ返って怒る気にもならぬ、ということでも無さそうだ。
本当に困った事態に立ち至ったという感じである。
弁護士に依頼して、法の大ナタ一刀両断のその前に、片付けるべき問題がある。
7歳の子と、お腹の子・・・。
離婚したいのは良いが、この奥さん「親権」についてどう考えているのか?
お腹に赤ちゃんを抱えて、「要りませぬ」とは言えないと思うが。
「アンタは要らなくとも、お腹の子には必要だ」といのが正論だが、
果たして「正論」で押し通せるものなのか?
自覚無き母親の下で、例えミルクはあっても、成長には望ましくなさそうだ。
7歳の子だって、本来まだまだ母性は必要だと思うが、
ここはやはり、相談者の男性が相当に腹を括って判断、決断をすべき時だろう。
この女に二人の子供、いやお腹の子供だけでも任せ切れるのか?
もはや父がそのジャッジを下す以外にはあり得ない。
それとは別に、相手の26歳の青二才は許してやる必要などみじんも無い。
共同不法行為でたっぷり請求してやればよい。
支払い能力など有ろうが、無かろうが、
他人の不幸に加担した者が負う責めの大きさを、思い知らせる必要がある。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする