遺骨とトラブルだけを遺して去った父

人生相談 人生の諸問題
【相談者】43才既婚女性 夫 子供2人

3ヶ月前、70才の父が亡くなった。
両親は20数年前に離婚している。
叔父が火葬したが、納骨する場所がないから
遺骨を引き取ってほしいといわれている。
その数日後、亡き父の同級生という知人女性から、
病院の費用を支払ってほしいと言われた。
父が亡くなる前、叔父とその知人の女性とで
生活保護の手続きを行っている。
父の預金に数万づつの入金があったはずなのに、
亡くなってすぐに全額引き落とされ、通帳も返してくれない。
火葬後の食事会の飲食代も、私は呼ばれてもいないのに、
全額支払ってくれというのだが。

弁護士 高中正彦先生の言葉

相続権があるのは、相談者とその弟さんだけ。
この知人と称する女性には何の権利も、決定権も無い。
一見すると実にけしからん話に想えるが、
実は逆の立場に立って見れば、あながちそうとも限らない。
お父さんは離婚後寂しい人生を過ごしていたのではないか?
折に触れてこの女性に、冷たい家族のことや、子供の悪口など、
色々と愚痴をこぼしていた可能性もある。
そうなれば、死の間際まで面会にも来ない親族を、
決して良くは思わないだろう。
知らされなかったとはいえ、「血縁者なら弔いくらいしろ」、
という感情からこのような話に至ったのではないだろうか。
嫌だろうけど、一度弟さんと一緒にこの女性に会って、
互いに胸襟を開いて話し合うことは出来ないものか?
金額的にも大した額では無さそうだし、
これは弁護士を挟む事案ではないような気がする。

パーソナリティ 加藤諦三先生の言葉

死んだあとではじめてその人の人生が表れてきます

これも父が生きていた証か

筆者が思うに
感情としては、この女性を横領で訴えてやりたい気持ちが理解できる。
預金通帳はおろか、書面一枚示さずに電話で「これだけ払え」、
というのは、いくらなんでも一面識もない相手に対して無礼である。
しかし、こちらに感情あらば、あちらにも同じものがある。
というのが高中弁護士の談話だが、
弁護士として感情的トラブルなど山ほど踏んでいる経験から、
「案外、話をすればスッキリするかもよ」、ということなのだろう。
親同士が離婚して、事実上親子でなくなったとはいえ、
知らぬ間に、知らぬ人にネガティブキャンペーンを張られるというのも、
あまり気分の良いものではなく、ボタンの掛け違いも止む無しという所か。


【人生相談】死んだ後で現れるその人の人生


スポンサーリンク

シェアする

フォローする