気が付けば娘は「十五歳の母」

人生相談 親子 家族
【相談者】47才女性 2年前に離婚 長女15才 次女9才 長男7才 

15才の娘は中3で妊娠し出産、
今は1ヶ月の赤ちゃんがいる。
中3の途中で学校に行かなくなった。
27才の彼氏は娘と知り合った時、
結婚していて3人の子供がいた。
すでに彼氏は離婚しているが、
アパートに住んでいるところに娘が転がり込んだ。
今は娘と一緒に相談者のマンションに転がり込んでいる。
あと何か月か経ったらアパートを借りて、
娘と子供を引き取ると言っているが、信用できない。
親御さんと話させてほしいといったところ、
「オメェうるせーよ」などと言って取り合わない。
出ていって欲しいのだが。

幼児教育研究家 大原敬子先生の言葉

あなたは母親として大事なところが抜けている。
彼の給料明細がどうの、お宮参りがどうのと、
そんなことより娘さんの人生、
生まれて来た赤ちゃんの人生を、どう考えているのか?
15歳だと、そう婚姻はできない年齢でしたね。
その年齢の娘さんに子供を産ませてしまった結果について、
親としての、自覚が無さすぎる。
マンションに転がり込まれて、それを許している。
一体あなたは何なのだ。
先方の御両親と話をするにせよ、
直接コンタクトというのは、このケースではないだろう。
27歳の彼も相当無責任だが、
あなたは、それに輪をかけて無責任だ。
当面、あなたの方から一旦マンションを出て、
入籍できるまで、無事を祈るしかないのではないか。

パーソナリティ 加藤諦三先生の言葉

あなたは御両親との関係はどうでしたか?
コミュニケーションが上手くいっていなかったのでは?
貴方が子供時代、御両親は別居だったのですね。
つまり、今日まで誰ともコミュニケーションしていない。
その結果、「当たり前の判断力」が備わっていないのです。
当面の対策は大原先生のアドバイスを参考にし、
長期的には、「何か大切なもの」を持って下さい。
ネコでも、他人の子供でも、なんでも良いから、
「私にとって大切なもの」を持つようにして下さい。
それが原点です。

危機感の無さは自分に対しても

筆者が思うに
妻子がありながら、そしてまだ15歳と知りながら、
子供を産ませたこの27歳の男。
未成年者略取、誘拐にも匹敵しそうな行状に想える。
働いているとは言え、まともな社会人と認める訳にゆかない。
娘さんの証言ひとつで、淫行と言われても致し方ない。
このような関係が成立する背景に、筆者は詳しくないが、
長期間、寂しさの中で耐えて来た人生なのかも知れない。
娘さんも、本当に心配してくれる親が必要な年齢だ。
7歳と9歳の長男、次女も危うい気がしてならない。


【人生相談】人生ただ呆然と過ぎ


スポンサーリンク

シェアする

フォローする