我慢を許容と勘違いされたなら

人生相談 浮気 離婚
【相談者】67才女性 夫66才 息子40才38才 結婚40年目

夫の浮気がエスカレートしている。
40代で浮気が始まったが、
知ってるだけで5人の独身女性と数年間のお付き合い。
昨年定年退職後、生活費も貰えなくなった。
退職金も自分で握ったまま。
息子の助言で月6万を夫から貰えているが、
それ以外の経費には「テメーには一銭もやらん」
と言われ去年の9月以降一切貰えない。
だが離婚はしたくない。
今後どのようにしたら良いだろう。

医学博士 森田浩一郎先生の言葉

まあ、これは治らないでしょうねえ。
多分不倫相手とは決して本気ではないんでしょう。
それで奥さんをほったらかして遊んでる。
再就職では年収も大したことはないが、
女と遊びまわっては、泊まる所が無くなって、
また奥さんの処へ戻って来る。
もうスッキリ別れちまったらどうですか?
女は作るは、カネは入れんわ、勝手過ぎる。
あんたが我慢しているから、そのハラを読んでいる。
これからの自分の人生を大切にする必要がある。
家庭裁判所に行って、伝家の宝刀を抜きましょう。

パーソナリティ 今井通子さんの言葉

お兄様や、周囲の方は味方に付いているんですよね、
ならば、一回伝家の宝刀を抜いてみましょう。
それで、相手がどう変わるかを視てみましょう。
変わったら、変わったでまた、対応を考えればいい。

「爺ィ、そこへ直れっ」と云ってやれ!

筆者が思うに
もしこのジジイが私の父親だったとしたら、
私なら家族と、頼れそうな親戚を集めて会合を開きます。
勿論、本人は女と遊んで留守にしている間にです。
母を散々苦しめて、反省はおろか自覚すら期待出来ないなら、
私は子供として、伝家の宝刀を抜きやすくする環境を作り、
刃を研ぐ役割に任じます。
森田先生が仰るように、仮に態度が変わったとしても、
私は態度を変えません。
「何かを守りたければ、心に一匹の鬼を飼え」と、
私に教えたのは父に他ならないからです。


【人生相談】女房がいるからこその浮気




こちらにも関連記事があります

父の浮気に泣く六十三歳の母
娘として母をなんとか救いたい 相談者35才女性(夫35才 子供5才2才) 父68才 母63才 4人兄弟の2番目
払わなくて良い犠牲を、払うことの愚かをさ知る
不倫常態化 不貞配偶者斬首作戦 【相談者】52歳女性 夫55歳 長男25歳 長女23歳 次男18歳
スポンサーリンク

シェアする

フォローする