浮気という言葉が軽く聞こえる

人生相談 浮気 離婚
【相談者】64歳女性 夫30年前死去 長女43歳 次女41歳 長男40歳(各々独立)

次女の不倫について。
小学生の娘が居るにも関らず、同年の男性と浮気。
相手はバツイチで、子供は奥さんが引き取ったという。
朝帰りを繰り返して夫に浮気がばれた。
娘婿は寡黙で真面目な性格。
最近はもう家にも帰らなくなってしまったようだ。
子供は自分で父親の食事も作るようになった。
私は次女家族とどう接したら良いのか。
孫娘があまりに可哀そうでならない。

医学博士 森田浩一郎先生の言葉

ちゃんとした家庭の奥さんで、何不自由ないのに、
メル友を作ったり、1回2回の浮気をしたり、
結婚相談所でいい男を捜したり、そういう時代だ。
子供の時はとても良い子だった、
でも大人になっての色恋は別だ。
相手の男は多分婿さんより女の扱いが上手いのだろう。
調子の良い男で、こいつが一番悪い。
でも、ひっかかった方だって悪いんだ。
もう、これは多分帰って来ないだろうと思う。
「もう母とも娘とも思わない」、位の事は言った方が良い。
孫のことに関しては、婿さんから頼まれない限り、
手を出してはいけない。
世の中は出なきゃいけない時は、出ないといけないし、
出てはいけない時は出てはいけない。
難しいが、そこが思案のしどころだ。

微妙な立場に右往左往

筆者が思うに
こういう話では、小学生の女の子の事がどうも気に懸かる。
別の記事で取り上げたばかりだが、
帰って来ない母に代わって、お父さんの食事まで作っている。
まだ子供なのに、精一杯の背伸びをしている様子が伺える。
心に傷を負いながら、今自分に出来ることを精一杯。
父親は、母親として目を醒まさせるための行動を取るのが、
一番筋が通っているように思える。
家庭を破壊した相手の男を、共同不法行為で訴える。
これで何とか、家族の平和と子供の無事な成長を確保できる。
早い方が良いのは言うまでもないが。


【人生相談】眼が覚めないのが女盛り




こちらにも関連記事があります

精一杯の背伸びが今日の苦しみになるとは
大人のふりをして泥水を飲んだ 【相談者】26才女性 母51才 母親の再婚相手 妹との4人暮らし 母親は14年前に離婚
スポンサーリンク

シェアする

フォローする