父の浮気に泣く六十三歳の母

人生相談 浮気 離婚
相談者35才女性(夫35才 子供5才2才) 父68才 母63才 4人兄弟の2番目

父親の浮気について。
昔から浮気を繰り返している父、
3年前も浮気がばれて1年間別居。
一度は父も反省し、母親も帰ってきたが、
父親が問題の女性とこっそり会っている所を、
私は偶然見てしまった-。
別れたと言いながら別れず、浮気を繰り返す父。
父は土下座したり泣きながら謝るが、
母親は父親をもう信用できないようだ。
亭主関白で家族を抑え付けて来た父、
誰にも怒鳴る父親は、
去年自分の兄弟からも絶縁された。
母は父の経営する会社の役員でもあり、
離婚を踏ん切ることの出来ない状態である。

中川潤弁護士と加藤諦三先生の回答

離婚を決意したとしても、
その父親は簡単には首をタテにふらないだろう。
そこで、出る所へ出るしかなくなるだろうが、
せめてその間だけでも、4人の子供で衣食住を引き受けられないか?
このままだと、この先お母さんの人生に良い事はないだろうし、
父親もこの年齢では、反省や改悛は期待できないと思う。
ならば、まずXデーを決めて家を出ること。
そして、サポートの弁護士と共に宣戦布告すること。
子供達がその後ろ盾となって、お母さんを安心させてあげること。
水面下で準備万端整えることが必要だ。
会社役員の件は、まともな税理士なら父親の好き勝手にはさせないし、
無理矢理株主から外されることもない。
万一のことがあれば、それはそれで十分に闘える。

娘として母をなんとか救いたい

筆者が思うに
お母さんのことが気の毒でならないのだろう。
自分達兄弟を生んで、育ててくれたお母さんの人生が、
不憫で仕方がないのだろう。
きっと子供の頃は、自分の事を後にして、
なんでも4人の子供たちのことを優先してくれたのだろう。
今では自分も2人の子供の親である。
嫁いで離れて初めて、お母さんの苦しさが自分の事のように身に染みる。
一方で、父親に対する怒り、憎しみの感情もあり、
なんでこんなに私たちを苦しめるのか、と憤りが伝わる話だ。
この苦難もいつかは笑い話になる時がくればと、願うばかりだ。


【人生相談】六十三歳の宣戦布告




こちらにも関連記事があります

我慢を許容と勘違いされたなら
「爺ィ、そこへ直れっ」と云ってやれ! 【相談者】67才女性 夫66才 息子40才38才 結婚40年目
払わなくて良い犠牲を、払うことの愚かをさ知る
不倫常態化 不貞配偶者斬首作戦 【相談者】52歳女性 夫55歳 長男25歳 長女23歳 次男18歳
スポンサーリンク

シェアする

フォローする