もらい泣きすら、もらえない気がして

人生相談 人生の諸問題
【相談者】47歳女性 夫52歳 子供4人 男21歳、女18歳、女16歳、男10歳

学校での保護者達との関り合いについて。
周りの親たちから避けられているようだ。
上の子供の時には周囲に年上の父兄がいて、
折に触れフォローしてもらえた。
10歳の子が地域のソフトボールチームに入ると、
その親たちと濃い人間関係を築かなくてはならず、
それが苦手で、家事も手に付かなくなってしまう。
「もう帰っていい」とか言われ、
「なんだろうこの人」と思われているらしく、
子供絡みの人付き合いが苦痛で苦痛で仕方がない。
一度心理カウンセリングを受けてみると、
後発性発達障害までは行かないけれど、
それに近づいてゆく、(グラディエーション)
ではないかと言われた。
他人と上手く接することが出来ないのは何故だろう?

精神科医 高橋龍太郎先生の言葉

私もカウンセラーとほぼ同じ印象を受けた。
他人の今の感情を、人間は一瞬の表情や言葉の端々に見出すが、
そうしたことが得意な人と、不得手な人とがいる。
他人とくだらない世間話をするのが、唯一楽しい人、
独りで自分の世界をコツコツ広げるのが好きな人、
どちらもそういうキャラクターなのであって、それで良い。
そこを無理に合わせようとするから、狂ってしまう。
若年の頃と違って、色々な役割を背負い込んでしまいがちだが、
一歩先んじようなどと思ってはいけない。
あくまで自分のペースで、6人家族を切り盛りする。
それで充分だ。

パーソナリティ 今井通子さんの言葉

周囲の人達の行動や、発言が皆自分に向かっていると、
そのように感じていませんか?
子供の頃人気者で、みんなに囲まれて育った人は、
そのように感じる傾向があるようです。
あなたが来たから人が何人か抜けたのではなく、
実際は、あなたが来たために帰りそびれてしまった。
だから、ポツポツと抜けて行くしかなかった。
「当番じゃないから、帰っていいよ」は言葉の通りの意味。
被害妄想っぽいところがあるようなので、
ときかく、何でも気にし過ぎなさんな。

広いリビングで、居場所を探す

筆者が思うに
他人の言葉を額面通りに受け取れず、自我に籠る。
これがひどくなると自閉症というのでしょうか?
実は筆者も大学生の頃に、同様の経験があります。
高校時代は誰にも心を開くことが出来ずに、
こんなことではいけないと、大学でサークル活動に入り、
その挙句がこんな始末でしたから、情けない。
他人というのは価値観や世界観が異なるのが当たり前、
一言一言に傷付いていては、とても身がもちません。
もっと図々しくならなければと、
更に自分で自分を追い込んでしまっていました。
就職後は幸いにも仕事に熱中出来ていたので、
いつの間にやら、そんなことも忘れていました。
因みに一青窈さんは、これを「段ボールの中、ヒキコモリ」と、
表現していますが、的を射て妙です。


【人生相談】社交的でない事を何故恥じる…




こちらにも関連記事があります

自分は自分、他人は他人と、言うは易し
自分でない自分を演じる辛さ 【相談者】39歳女性 子供12歳男の子
ひきこもり とは、閉じ込めた側が言うセリフ
自分あっての自分へ、遅まきながら 【相談者】55歳女性 娘22歳とその姉26歳
スポンサーリンク

シェアする

フォローする