判決 お前はキモい ということがあるそうだ

人生相談 浮気 離婚
【相談者】34歳男性(会社員) 妻35歳 妻の母親と3人暮らし

妻が離婚を切り出している、別れたくない。
妻が妊娠、流産を繰り返したため、夫婦生活が無く、
私は「電話で処理するサービス」に頼ってしまった。
携帯通話料が高いため、妻が気を利かせて、
プラン変更の検討をしたところ、バレてしまった。
その結果「気持ち悪い」と離婚通告されてしまった。
元来性欲が無い訳ではないが、夜の生活に自信が無く、
妻を満足させる自信が、全く無かった。
バーチャルなので浮気ではないと、言い訳したが、
許して貰えない。

弁護士 志賀こず江先生の言葉

これがもし反対の立場だったら、どう思います?
自分がもし嫌ならば、その言い訳は身勝手ですね。
奥さんは今、生理的にすごく嫌なんだと思いますね。
流産を繰り返し、心も体も傷付いているときに、
夫として精神的にサポートするどころか、
そんなマネをしていたとあっては、耐えられないでしょう。
確かに生身の肉体ではないので、不貞行為には当たりませんが、
「婚姻を継続し難い重大な事由」にはなり得ます。
裁判になってしまえば、まな板の鯉ということになりますが、
誠意をもって謝罪したとしても、しょせん口先に過ぎず、
奥さんの信用を得るには、長い時間が必要になるはず。
夜の生活に自信が無いために、他に逃げる姿勢も、
奥さんに対する配慮や、努力に欠ける態度だ。
女の立場として申し上げると、そういうことだ。

パーソナリティ 勝野洋さんの言葉

夫婦で一番大切なのは、信頼です。
それを裏切ってしまった、それも二度に渡って、
駄目ですよ、そんなことじゃ、
もっと自信を持って下さい、自信を!
この奥さん放しちゃダメです、絶対に、いいですね、
自信を持つんですよ、自信を!

自信の無さがケチの付き始め

筆者が思うに
自信のない人間に対して、自信を持て! と云っても、
益々自信を失うだけである。
とは、加藤諦三先生の著書「自信」の冒頭の言葉。
ましてや、テキサス刑事にハッパをかけられたって、
そりゃアンタ、困りますわな。
しかし元はと言えば、夜の生活の自信の無さから、
安易な「代用品」に逃げ込んだのがケチの付き始め。
一度ならずも二度までも、コノヤロー!
という奥さんの怒りと不信の炎に焙られて、
なんとか上手い方法はありませんか? と、いう事ですが、
「キモい」ということが、まさか離婚理由になるとは、
当方もそこまでは存じませんでした。
結婚して所帯を持つということは、その覚悟が必要だ。
というのが、志賀弁護士のキツイお言葉。
場合によっては、「テメェ、キモいんだよっ」と云って、
がっぽり慰謝料をむしり取られるケースも考えられます。
今後所帯を持つ予定の独身男性にとって、
貴重な教訓になりそうです。



【人生相談】「キモい奴」への三下り半




こちらにも関連記事があります

全ては夫の不徳の致す所
天網恢恢疎にして・・・ 【相談者】31歳女性 夫36歳 子供10歳と6歳と0ヵ月
スポンサーリンク

シェアする

フォローする