眼中は己の煩悩のみにて失敬!

人生相談 浮気 離婚
【相談者】44歳男性 妻44歳 息子14歳 結婚16年目

6年位前から勤務先の女性と不倫をして、
一度は妻と別れて一緒になろうとしたが、
なかなか叶わず、離婚話も進まなくなり、
2か月前まで関係を続けていたのだが、
不倫相手の女性がしびれを切らして、
社内の他の男性と付き合いだしてしまった。
男らしく、きっぱりと諦めようとしたものの、
気持ちの整理が付かず、仕事が手に付かない。
時間が解決してくれると思っていたのだが。

作家・翻訳家・英才教育学習塾講師 三石由起子先生の言葉

恋愛なので、吹っ切る必要なんかないと思う。
人間の想いは、3年経つと固定されるらしく、
その後はズルズルと行くものらしい。
でも、この女性はどうやら結婚したかったらしい。
一方で離婚というのは、妻子を捨てることであり、
年老いた父母を悲しませることである。
よって、「いい人」のままでは、離婚できない。
妻も大事にしてやりたい、子供の父としても、
やるべきことは怠りたくない。
そんな人間は、新たな恋をする資格は無い。
他方で、スパスパ切れる人は概ね3年以内に決着をつける。
あなたは6年経っても、未だに切れない。
考えようによっては、今が一番楽しいのではないか?
ならば悩むのは間違いで、楽しめば良い。

パーソナリティ 今井通子さんの言葉

三石先生は男の味方、でも私は違います。
あんた、奥さんと子供の事どうするの?
浮気がばれて、離婚話にまでなってしまった。
彼女の事考えてるヒマなんかありませんよ。
今後どうやって壊れかけた家庭を修復するか、
あまりおべっか使っても気持ち悪がられるし、
そこのサジ加減がこれから難しいですよ。
そっちをもっと頑張りなさい。

次は放り出される番だぞ

筆者が思うに
「トンカチで自分の頭をぶっ叩いたらどうですか?」
と、当方が回答者なら即座にそう答えているところです。
44歳と云えば、きっと管理職ですよね、カイシャでは。
分別盛りともいうべき年齢層の人だけに、
現家庭の立て直しに何が必要だろうか?、という相談かと、
誰だってそう思いますよね。
今井通子さんも、そこがハラに据えかねたのでしょう。
珍しく少し語気が荒かったように思います。
それから、会社でのクセなんでしょうか?
冒頭、「~のことでお電話差し上げました」とは何事ですか?
こんなロクでもない用件を「差し上げ」られても困ります。
この時点で既に今井通子さんの頭から湯気が・・・。
若造がホザく「ナルホドですね」もアタマに来ますが。


【人生相談】女々しさに薄れゆく現実感


スポンサーリンク

シェアする

フォローする