阿呆が阿呆に阿呆と云うな

人生相談 親子 家族
【相談者】46才男性トラック運転手 娘17才 妻44才とは18年前結婚し2回離婚 

妻が10年前にアルコール依存症になり、
最初の離婚をした。
互いの実家に帰り3年弱、また再婚するが、
相談者の借金200万のことがあって籍を抜かれた。
借金の原因はパチンコ半分、生活費半分。
籍は抜いたが妻とは同居したまま。
200万の借金なら妻が働いてくれれば、
返していけると思うが、
妻は仕事ができないし、する気もない。
妻は障害年金がでるかもしれないから、
働かなくても借金は返していけると。

弁護士 志賀こず江先生の言葉

馬を川辺に連れて行くことは出来ても、
その馬の喉が渇いていない限り、水を飲ませることは難しい。
人間の考え方を他人が方向づけをすることは困難だ。
借金は、パチンコだけではなく生活費の足しにしていたのだから、
その意味では奥さんだって債務者と言える。
であれば、もっと前向きに協力的な態度で生活して欲しいと、
決して過大な要求ではなく、パートでもなんでも良いからと。
その活力をどのようにして生み出すか、という課題だが、
3人で生きて来たファミリーにとって、奥さんの欠損は重大だ、
という認識を、もっとはっきりさせてはどうか?
男性の影が見え隠れしているのでなければ、幸運なことだ。
もっと、「彼女が大切だ」というメッセージを投げてはどうか。
それが出来ないなら、籍は抜き親権は持っているのだから、
潔く別居すればカタが付く話だ。
それが出来ない、ということが重要な事実だと思う。

パーソナリティ ドリアン助川さんの言葉

結論が出ないということが、或る種の結論ではないか?
はっきりと眼に見えることばかりではない。
疲れて帰った時の、コップ一杯の冷たい水、
このようなものが、彼女との繋がりなのではないか?

ちょっと、コンセントが抜けてまっせ

筆者が思うに
ベンチがアホやから、野球はできへん。
と云って、解説者や国会議員にまでなった野球選手が居る。
当時は「責任転嫁」論で世間も盛り上がっていたが、
最後にはご本人の著書で、「カッコつけ」だったと認めている。
さて本件だが、女房がアホやから仕事ができへん。
ということだろうか?
実際、トラックドライバーの仕事は昨今収入が激減し、
本当に大変なことになっているらしい。
だからもし、パチンコで生活費の足しを、という事であったのなら、
余りにも短絡的であり、思慮深い行動とは言い難い。
それが借金の本当の原因ではないのか?
奥さんにしてみれば、亭主がアホやから・・・、かも知れない。
要するにどちらもアホで、それが魅力の夫婦なのだ。


【人生相談】スイッチが入らないのではなく・・


スポンサーリンク

シェアする

フォローする