正しいのは私、崩れ去る前提

人生相談 親子 家族
【相談者】45歳男性 元妻50歳 3度目の離婚

3年前に離婚して実家に戻った。
11歳の娘が居る。
再婚同士で27歳の娘の連れ子が居たが、既に嫁いでいる。
現在母親と2人暮らしで、パートなどもやっている。
養育費として、月2万円ほど支払っているが、
娘に会うと服はボロボロ、靴もボロボロで可哀そうに思い、
まとめて買い与えてやるのだが、
娘の話だと、最近元妻に男が出来たらしく、
一緒に他県まで泊まりに行ったりなどしているようだ。
子供の教育に良くないと、メールをしたこともあるが、
「アンタには関係ない」と云われてしまう。
また、別の男が泊まりに来ることもあると聞いた。
まったくひどい話で、なんとかならないものかと思う。
離婚理由は、夫婦仲の悪さと、母親の介護であるが、
娘とどう接し、何をしてやれるだろうか?
現実的に、親権を引き受ける余裕が無い。

幼児教育研究家 大原敬子先生の言葉

別れた奥さんにまだ未練があるのではないか?
19歳で嫁いだ連れ子の娘さんが、子供と共に母親に会いに来る事。
喧嘩別れしたはずの貴方に、娘を面会させ泊まることも許している事。
貴方は約束通り養育費を月々支払い、先方も約束を守っている。
表面的に見ると、離婚後は上手くいっていると判断できるが、
娘が居ながら男を何人も作っていることに、貴方が納得していない。
自分の気持ちより、娘の教育を視点とすることで、
楽になろうとしているように思える。
娘さんが貴方に話したことがきっかけで、あなたが変に動いてしまうと、
今度は娘さんの居場所がなくなり、もう会えなくなってしまいますよ。
月々の養育費と、会えた時に父親としてやれることを、全てやってあげる。
そうすれば、娘さんは「このお父さんで良かった」と思うはず。
未練という言葉を使うと不愉快ならば、懐かしさではないか。
ひと時の安らぎを与えてくれた家庭を、今懐かしんでいる。
そこに、少しでも嫉妬が入れば、11歳の娘さんまで失われる気がする。

パーソナリティ ドリアン助川さんの言葉

私の娘はもう成人しているが、
まだ幼い頃、覚えたての文字で手紙をくれたことがあった。
私はそれを今でも大切にしている。
娘さんに服などを買ってあげれば、それは喜ぶでしょうが、
ほんの1、2行で良いから、手紙も渡してあげて下さい。
娘さんはそれを一生大切にするはずです。

子供の教育は建前、本音はやっかみ

筆者が思うに
離婚した以上、元妻の私生活に口出しは禁物。
許されるのは、娘さんに対する父親としての立場のみ。
というのが、大原先生の回答だが、
なんだか当たり前過ぎる気もしないではない。
娘の教育にかこつけて、未練を隠蔽している、という大原先生の指摘が、
もし図星であったなら、この男性は3度目の不正直を演じたことになる。
警察沙汰にまでなったという、奥さんとの不仲についても、
この相談者は自省している様子も無く、やはりそうか・・・。
と思いたくなる。
介護している母親がその生涯を終えた後、男性は天涯孤独となる。
その点で、今から何人もの男を「味見」している元妻に対して、
多少のやっかみが入っていたのかも知れない。
これをズバッと指摘したとしても、多分男性は認めまい。
認めるくらいなら、「3度目の不正直」は無いはずだ。
だから、当たり前な回答しか無い、ということだろう。


【人生相談】3度目の離婚、3度目の不正直


スポンサーリンク

シェアする

フォローする