本来それは誰の義務なのか

人生相談 親子 家族
相談者:70才女性 夫は他界 長男39才 長女38才

既に別居中の息子夫婦の離婚問題。
孫2才半の養育費について協議中であるが、
独身時代のローン返済と、
家賃とで負担の多い息子に代わり、
1/4を相談者が負担するという公正証書を、
2通作成することにした。
相談者は兄弟と共有する土地が売れたら、
一括返済したいと伝えたら
元嫁は弁護士に相談したところ、
公正証書作成に1ヶ月時間がかかるという。
兄弟との共有土地を先方の担保にされたら困る。
もしそうなったらどんなリスクが考えられるか?

弁護士 志賀こず江先生の言葉

原則論で言えば、お祖母ちゃんに養育義務は無く、
あくまでも父親が負担すべき筋合いのものです。
2歳半といえば、成人まで長い年月が必要だ。
それに対しお祖母ちゃんの年齢を考えると、
とても最後まで無事に支払いできるとは限らない。
でも公正証書にしてしまえば、もう後戻りは出来ない。
なにか他の方法を考えた方がお孫さんのためになるのでは。
土地については、共有名義である以上、
弁護士が勝手に担保設定することはできません。
いずれにせよ、よく考えてから行動するように。
安易な気持ちで弁護士が持参した書面などに捺印すると、
取り返しがつかないことになりかねません。

パーソナリティ 加藤諦三先生の言葉

周囲の人達のいう事に振り回されて、
追い込まれてしまっているようです。
ひとたび、先方の嫁さんに協力する姿勢で接すると、
この先も協力しなければならない、と感じてしまう。
実際は支払い義務などないのに、
そうしなければ収まらないようになってしまった。
もう養育費は「払わない」と決めた方が良い。
それで大丈夫に決まってるじゃないですか。
そこに猫がいるだけなのに、
ライオンでもいるかのように錯覚しているようです。
しっかりして下さいよ、本当に・・・。
感情は囚われます

なんでお祖母ちゃんが責任を?

筆者が思うに
親の義務感というものは大変なものです。
しかし、息子さんもその「親」なのです。
ここで「大変な思い」に甘んじなければ、
この先親として恥じる人生を送らねならなくなる。
離婚するのは夫婦の勝手、子供の親である事実は消せません。
志賀弁護士の仰る通り、
ローンが大変なら、そちら側で対策をすべきこと。
嫁さんも嫁さんだ。
カネさえ貰えれば良いという姿勢は、
やはり人の親として如何なものか?


人生相談】親亀コケても・・


スポンサーリンク

シェアする

フォローする